●CONTENTS●

 TOP


 IAC JAPAN-CUP


 International
 Aerobic
 Championship


 NEWS


 RESULTS


 ANAC


 JUDGE


 RULES


 LINKS

HIPHOP
INTERNATIONAL
JAPAN



 


●最新情報・FIGからの情報、その他の身近な話題や大会後記などを随時紹介します。

    ● 2017−2020COP新ル-ルが催行されます。

● 2013−2016年COPルール最後の年となります。

● 2016年度 ニューエレメント

 

● 2015年度 0ニューエレメント

  エレメント図・・ご参照ください。   ← クリックして下さい。

 2013年〜2016年、アクロバティックエレメンツを含む新COPルールが施行されました。

●平成18 年 3 月 7 日

*FIG COP ルール改訂について

2006年2月、COPルールが一部改訂になりましたのでお知らせいたします。 標記内容の表現を変更をしましたのでご確認下さい。

  1.第2回エアロビック・ジムナスティックスAge Group南京世界大会  

    2005年 4 月版COPルール・アペンディックス5(ショートハンド)で競技が行われます。

  2.Age Groupのルール明確化 コンパルソリーエレメントはコンビネーションなしで行わなければならない。

    もし、コンビネーションで実施された場合、0.1の加算点はありません。ただし実施したことに対する減点はありません。

  3.COPアペンディックス2の75ページの説明において、下記内容が追加されました。


     グループDの演技への最低要求が 「すべてのエレメントは落下なしに実施されなければならない。」になりました。

  4.アペンディックス2の明確化

     グループDにおいて、すべてのエレメントは組み合わせたエレメントは、それぞれのエレメントが求められる 

     最低の要求をみたさなければならない。

  <例>
   ダブルターン・トウー・バーティカルスプリット:
     このエレメントはダブルターンとバーティカルスプリットの両方が
     求められる最低要求の演技を実施しなくてはいけない。

   イリュージョン・トウー・バーティカルスプリット:
      このエレメントもイリュージョンとバーティカルスプリットの両方が
      求められる最低要求の演技を
実施しなくてはいけない。

  グループDのすべてのエレメントは同じ原則で実施することにより評価される。

  5.アペンディックス2の修正
  
42ページにおいて、エレメントC263、C265,C266の表記に変更があります。
 
 「空中では、タックの姿勢をしめすこと」になります。
   従って、 after completing the turn (ターンが終わったあとに)を消去して下さい。

  6.ニューエレメント
  
拡大
   拡大

  


記事・画像の無断転載はお断りいたします。


NAC-JAPAN NPO  〒105-0013 東京都港区浜松町2-6-2 浜松町262ビル 7F (株)トッパントラベルサービス内
TEL:090−9679−2392 FAX:03−5403−2504 Email: aero.gym@nac-japan.com